超精度加工技術

ワークスの超精密研削加工技術は、さまざまな加工分野から形成されており、「高精度センタレス研削加工技術」、「マイクロセンタレス加工技術」、「超精密ピンゲージ加工技術」、「精密丸パンチ研削加工技術(同芯研削法)」など、約24種類の加工分野を有しています。
電機や半導体、カメラ、自動車メーカーなど、幅広い分野で認められ、近年では、医療業界やバイオ分野にもワークスの精密加工技術が利用され、痛みを抑えて医薬品を注入出来るマイクロニードルを事業化し、この技術は医療のみならず大手化粧品メーカーがニードルパッチとして利用しています。
超精密にこだわったワークスの加工技術と最新設備で、お客様に喜んで頂ける高精度・高品質の製品ををお届けいたします。

ページ上部へ戻る