精密金型・部品(旧)

限りなく丸く研削することがコア技術です。
特に、円筒度を1ミクロン以下に研削が可能ですので、サブミクロンレベルでのパンチとダイの均一なクリアランスを実現します。

超硬

プラスチック

ガラス

セラミック

ページ上部へ戻る